【介護職】「初めての転職で気を付けるべきこと」とは!?

【介護職】「初めての転職で気を付けるべきこと」とは!?

介護職の方が一度も転職せずに定年を迎えることは、現在では稀なケースではないでしょうか!?

よって、必ずと言っていいほど介護職の方は、「初めての転職」を経験するはずです。

どの業界の方でも、この「初めての転職」は注意が必要で、最初の転職を失敗してしまうと、転職をし続けてしまう傾向にあります。

そこで今回は、介護職の方が初めての転職で注意すべきことをお伝えいたします。

是非、参考にしてください。

介護職の初めての転職で注意すべきこととは!?

介護業界に転職は付き物です。そのため、転職に対する抵抗は、採用側も求職者側もあまりないのが現状です。

要は転職が当たり前の業界となっており、世の中には求人も溢れている状況です。

しかしながら、最初の転職は非常に重要です。とにかく慎重に転職先を決める必要がありますし、失敗は避けなければなりません。

最初の転職はその後の仕事人生は大きく変える

最初の転職は、貴方の人生を左右するほど、大きな影響を与える可能性があります。これは大袈裟ではなく、本当にそうだと思って頂いた方が良いでしょう。

最初の転職を失敗してしまうと、その後も転職を繰り返す方が少なくありません。そして、その方々の多くは、「1社目のほうが良かった」と言うのです。

初めて働いた会社は、全ての人にとって、働く上での基準となります。特に大手から中小企業に転職した場合など、こういったことが顕著に起こる傾向にあります。

転職することは決して悪いことではありませんが、目標や目的、また覚悟がない場合は、一度踏みとどまることも大切なことでしょう。

最初の転職を失敗しないためには!?

初めての転職が頭によぎった時、まず「何故転職をしようと思っているのか」を自分自身でしっかりと考えてみてください

例えば、「上司に怒られたから」、「職場に合わない人がいるから」などの理由で転職することは、正直安易な考えです。貴方自身が、この問題を解決するよう努力したかが重要であり、そうでなければ次の職場でも同じことが起こるでしょう。

転職の理由には、様々なことがあるでしょう。「給料が安いから」、「仕事がハードすぎるから」、「研修制度がないから」、「これ以上成長が見込めないから」など、色々あるはずです。

転職して今の不満・不安が解決できるのであれば、転職も一つの手です。しかし、安易な考えの転職の場合、必ず次の不満・不安が出てきます。その都度、転職していては貴方の信用はどんどん落ちていくことになります。

転職も出来る限りポジティブな理由でするべきです。そして、短期的ではなく長期的に見て、その転職が良いかどうかを考えるべきなのです。

とにかく最初の転職を失敗しないためには、まずしっかりと正しい情報を収集すること、面接の際に疑問点や分からないことは確認すること、自分自身に今一度、何故転職したいかを問いただすこと、転職しても後悔しない覚悟を持つこと、です。

最初の転職が成功する人の傾向とは!?

初めての転職が成功だった、と感じている人の多くは、明確な目標や目的があって転職しております。不満が先行することはなく、やりたいことがあっての前向きな転職なのです。

働いている以上、誰にだって不満があったり、やりづらさはあります。これは誰もがそうでしょう。

しかし、多くの人はそれよりも仕事をこなすこと、自分自身を成長させること、利用者に質の高いサービスを提供すること、を優先しております。そういった人であれば、不満があるから転職する、という考えには至らないのです。

逆に「逃げの転職」になっている人の多くは、転職を繰り返す傾向にあります。

逃げの転職は絶対NGではない

上記内容と相反するかもしれませんが、必ずしも逃げの転職がNGということではありません。

働いていて、「精神的に苦しい」、と感じている方々においては、無理にその職場で働く必要はありません。

精神的におかしくなってまで働くべきではありませんし、そこまで自分を追い込んではいけません。その職場を退職すれば、苦しさから解放されるのであれば、迷わず辞めるべきでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか!?

介護業界で初めての転職を考えていらっしゃる方は、是非とも参考にしてください。

転職においては、基本自己責任です。転職を成功させるか、させないかは自分自身ですし、転職活動自体にも努力が必要です。転職が悪いわけでは全くありませんし、むしろ転職してイキイキ働いている方々もたくさんいらっしゃる事実もあります。

とにかく転職を安易に考えない、転職活動は全力で行う、ことを意識しておけば、貴方の転職が失敗する確率は低くなるはずです。

20歳から仕事を始めた方は、65歳ぐらいまで働くこととなります。人生において、仕事を行っている時間が一番多いと言っても良いでしょう。

仕事が人生で一番大事という訳ではありませんが、仕事は人生の一部である方が多いことを考えると、仕事選びは非常に大事なことであることは間違いありません。

介護業界で初めての転職をお考えの方は、慎重且つ全力で転職活動に取り組んでみてください。

介護転職情報カテゴリの最新記事