【初めての介護】介護が必要になったら最初にすべき5つのこと

【初めての介護】介護が必要になったら最初にすべき5つのこと

身近な大切な人が、介護の必要性に迫られたらどうすれば良いか!?

初めの方は、介護について分からないことだらけのはずです。初めてなのだから、分からないのは当たり前ですよね。

そこで今回は、介護がに必要になった際、最初にやるべきこと・手続きについて、お伝させて頂きます。是非、参考にしてください。

介護が必要になった際に最初にやるべき5つのこととは!?

身内の方に「介護が必要だ」と感じた際、どう動いていけば良いか!?

これを知らない方は、たくさんいらっしゃいます。

ただ、やるべきことは複雑ではなく、下記通りに行動すれば、問題なく介護サービスまでたどり着くことが出来るはずです。

1.地域包括支援センターに相談

現在、多くの地区町村に設置されている介護福祉・医療・保険についての相談所です。お近くの役所にお聞きすれば、まず間違いなく取り次いでくれるはずです。

もしくはインターネットなどで「貴方の地域 地域包括支援センター」で検索してみてください。

ほとんどの場合、それらのホームページが見つかるはずです。

地域包括支援センターの詳しい解説はこちら

地域包括支援センターには、主任ケアマネジャーという介護のケアプランを作成するプロフェッショナルが在籍しております。

まず、このケアマネジャーに相談し、介護が必要かを相談してみましょう。

2.要介護認定の申請

介護保険を利用して介護サービスを受けるには、「要介護認定」が必要となります。

そこで次に必要なことは、「要介護認定」の申請です。申請は地域包括支援センターのケアマネージャーが代行で行ってくれますので、ご安心ください。

申請に伴い、自治体の調査員がご自宅まで訪問に来ます。そこで、介護が本当に必要かどうか判断されることになり、調査・結果が出るまで申請から1か月程度掛かります。

3.要介護認定がおりたら居宅介護支援事業所に相談

無事に要介護の認定がおりたら、次は実際に介護サービスを受けることになります。

しかしながら、どんな介護サービスを受けたら良いか分かりませんよね。

そこで次のステップは、ケアプランを作成してもらうことです。

要支援の場合は、再度「地域包括支援センター」に相談するのが良いでしょう。

要介護の場合は、「居宅介護支援事業所」に相談してください。

居宅介護支援の詳しい解説はこちら

4.ケアプランの作成

居宅介護支援事業所のケアーマネージャー相談しましたら、介護が必要な利用者とその家族の希望を考慮しながら実際どのような介護サービスを受けるべきかのケアプラン作成が始まります。

どのくらい費用が掛かるのか、どのくらいの頻度で介護が必要なのか、などがここで決まります。

介護サービス事業所の紹介、費用の計算、利用が始まってからの利用状況の確認、ケアプランの見直しなど、担当のケアマネージャーが様々な対応をしてくれます。

ケアマネージャーの詳しい解説はこちら

5.介護サービス事業者との契約・介護サービスの利用開始

ケアプラン作成が完了しましたら、介護サービスを提供してくれる事業者と契約をします。

契約後、いよいよ介護サービスの利用開始となります。

まとめ

いかがだったでしょうか!?

介護が必要になった際、すぐに介護サービスを受けられるわけではなく、様々な相談、手続きを経て、ようやく介護サービスが受けられるという事実がありますので、注意が必要です。

また、介護の利用開始が出来るようになってから、ここからが大事です。

介護にも合う合わないなどがあったり、要介護者の状態は変わっていきます。

そんな時はケアプランの見直しなどが必要になっていきますので、利用者・その家族は介護に対する意識と知識を深めていく必要があるのです。

大切な方々のために、介護が必要になった際は、いち早く行動に移していくことが大事です。

初めての介護カテゴリの最新記事