【介護職】グループホームの仕事内容とは?やりがい、注意点は!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


グループホームは、原則、認知症の高齢者が利用する施設タイプです。

認知症の方々に対する専門の施設であり、近年、その施設数は右肩上がりです。

そこで今回は、グループホームにおける介護職の仕事を徹底的に解説していきます。

是非、参考にしてください。

グループホームの仕事内容について【介護職版】

グループホームの仕事内容

認知症高齢者が年々増えていく現状もあり、グループホームは介護においてなくてはならない施設タイプです。5~9名の利用者が共同生活を送り、認知症の進行を遅らせる目的があります。

グループホームのほとんどの利用者の方は、身体的には自立されている方がほとんどです。そのため、身体介助や排せつ介助などは、有料老人ホームや特別養護老人ホームのように頻繁に行うことはありません。

グループホームでは、出来る限り普段の生活を行い、自宅にいる時と同じような感覚になるよう心掛けております。

それでは、グループホームにおける「介護職の職務内容」を詳しく見ていきましょう。

グループホームの仕事の特徴として、まず介護よりも日常生活のサポートです。

朝は一緒に朝食を作ったり、掃除・洗濯などを行います。その後、体操やレクリエーションなどを行ったり、お喋りをしたりします。その後昼食のメニューを一緒に決め、昼食の準備し、一緒に昼食を食べます。

昼食後は、買い物に一緒出たり、洗濯物を取り込んだり、入浴を促したりします。その後、夕食の準備、実際に一緒に食べます。

まさに日常生活を一緒に暮らすこと、これがグループホームにおける介護職の主な仕事です。この生活サポートの間に、食事介助、排泄介助、入浴介助などの介護サービスを行う形です。

夜間は、見守り中心です。徘徊する方を落ち着かせたり、トイレに付き添ったりすることもあるでしょう。

皆さん、認知症と言ってもその度合いは様々です。そのため、利用者一人ひとりに寄り添い、出来ること出来ないことを把握し、サポートしていく必要があります。

グループホームの場合、他施設よりも利用者と介護職員の距離は近いと言えます。

グループホームでの介護職としてのやりがい

グループホームでの仕事は、予想以上に個人個人との付き合いが深くなります。共同生活ということもあり、利用者一人ひとりとの距離が近く、他施設タイプよりも寄り添った介護が出来ると言っても過言ではないでしょう

コミュニケーションも頻繁に取れる環境にあるため、利用者と介護職員の関係性は「お客」と「サービス提供者」以上になり、良い意味で友人同士のような関係性になります。

生活サポートが主な仕事内容ですが、もちろん介護のお仕事も実際にあります。身体介助、食事介助、排泄介助を提供することもあるため、介護職としてのスキルも当然上がるはずです。

グループホームでの仕事は、コミュニケーション能力と介護スキルの2点を主に磨くことが出来るはずです。

グループホームで働く上での注意点

認知症の方と共同生活を行っていくため、認知症に対する知識を持っていないと、ギャップを感じる方もいらっしゃるでしょう。認知症の度合いによっては、暴言を言う方、暴力をふるう方、夜に徘徊する方などに対応していかなければならないため、介護とは違うところでの対応力が必要です。

また、施設によって異なりますが、食事を用意するグループホーム多いため、料理が苦手な方はここでつまづくことがあるようです。

そして何よりも重要なことは、利用者とのコミュニケーションです。このコミュニケーションを怠ってしまえば、グループホームでは働くことは出来ません。コミュニケーション能力に自信のない方は、グループホームで働くことは難しいかもしれません。

また、グループホームは、介護のプロフェッショナルになりたいという方は、介護業務において物足りないという方もいらっしゃいます。逆に有料や特養で働いていた方々が、グループホームで働くと介護方法が違ったり、認知症ケアが思った以上に難しいと感じる方もいらっしゃるようです。

いずれにせよ、グループホームでのお仕事は、認知症ケアが前提であることを理解しなければなりません。

まとめ

いかがだったでしょうか!?

今回は、グループホームでの介護職の仕事について、詳しく解説させて頂きました。

グループホームでの仕事内容は、思った以上に難しいと感じる方もいらっしゃるでしょう。

認知症ケアは、知識と経験がモノを言います。そのため、どれだけ介護業務のスキルが高い方でも、認知症ケアにギャップを感じてしまうようです。

そのため、他施設タイプでベテランと言われている方でも、一からのスタートとなることもあります。

ただ、グループホームでの介護職は、グループホームならではのやりがいや経験を得られる環境にあることは間違いありません。

今後、グループホームで働きたい、転職したいと考えている方は、是非とも参考にしてみてください!

グループホームで働きたい方、転職をお考えの方は、介護業界に特化した転職支援会社「長谷川キャリアサポート」にご相談してみてはいかがでしょうか!?
「スマイルSUPPORT介護」 介護のお仕事紹介




SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*