グループホームの施設解説(仕事内容や入居費用について)

グループホームの施設解説(仕事内容や入居費用について)

グループホームは、社会福祉法人や民間企業が運営している施設になります。認知症の症状を持っている高齢者の方々が、5〜9人のユニット単位で互いに役割(食事や掃除などの家事)を分担しながら、共同で自立した生活を送り、症状の改善・抑制を図る施設になります。

今回は、グループホームについて、入居者目線、働く側からの目線で詳しく解説していきます。是非、参考にしてください。

グループホームについて

グループホームのサービス内容

グループホームは認知症専門の施設です。居室、トイレ、浴室などの共同設備、食堂・共同リビングを兼用する共同生活室、更には機能訓練室などの設備があります。

居室においては基本的にユニット型の個室で、その設備に関しましては施設によって様々です。

具体的なサービス内容としては、介護スタッフのサポートを受けながら、5~9人で共同生活を送る場を提供します。

ホームの中ではスタッフによる見守り、身体介護、機能訓練、レクリエーション、緊急対応などのサービスが受けられます。

より家庭に近い環境で生活ができるようサポートすることで認知症の症状を和らげることが狙いです。

基本、着替え・食事・排出は自身で出来ることが入居の条件となります。またグループホームは地域密着型の施設形態が多く、地元に根付いた運営が基本のため、入居にはその地域の住民票が必要となってきます。

グループホームはまだまだ数が少なく需要があるため、入居まで数カ月から数年の期間を要することがあります。

グループホームの入居費用

グループホームの費用は施設の規模感、サービス内容により異なります。

グループホームの初期費用:0円~数百万円

グループホームの月額費用:15万円~30万円(あくまでも目安になります。)

※グループホームの入所審査においては、入所申込書の提出、その後面談を行い、健康診断書・住民票・所得証明書・診断書などの必要書類を提出します。

その後、施設スタッフが、「自立度」や「要介護度」、「介護の必要性有無」「資産や収入」などから、総合的に判断して、入所が決定されます。

そのため入居難易度は比較的高めです。

グループホームの更に詳しい費用・特徴はこちら

グループホームのメリット・デメリット

メリット

・普段とあまり変わらない環境で生活できる

・見守り、機能訓練、レクリエーションが充実している

・緊急時の対応が可能

・規模感が大きくないので、介護スタッフの目が行き届く

デメリット

・月額費用が比較的高い

・症状が進んでいくと、退去しないといけない可能性がある

・医療ケアは基本しない

・入居の難易度が他施設よりも多少高い

・人気高いため、入居待ちの施設が多い

グループホームでの介護士の仕事について

グループホームでの介護職のお仕事内容は、少し特殊で「介護」は仕事の一つであり、仕事内容が多岐に渡ります。

基本的な介護業務(見守り、身体介護、食事介助、排泄解除など)はもちろんありますが、それ以外に食事(朝・昼・晩)の準備を一緒に行ったり、洗濯、体操などの軽い運動、買い物の付添、単純な会話などがお仕事となります。

認知症ではあるものの、介護度合いは比較的低めとなっているため、介護業務自体それほど重いものではありません。

ただ、認知症をお持ちの高齢者のケアに慣れる必要はあります。やはり、通常の介護業務とは多少異なることを理解しておくべきです。

グループホームでは夜勤もあります。認知症の方は、徘徊される方も少なくないため、眠れない高齢者の方も多く、そういった面では大変と感じることもあるでしょう。

グループホームでの仕事は、「生活を共にする」と言えば分かりやすいかもしれません

「生活を共にする」ことが仕事ですので、より人間味のある対応を心掛けるとともに、利用者の方との距離は非常に近いため、一人一人に寄り添った介護のお仕事と言えるでしょう。

グループホームでの仕事内容について更に詳しい解説はこちら

グループホームの転職成功例・失敗例

まとめ

グループホームは支援をしっかりと受けることが出来れば、認知症の方もほぼ普通の生活を送ることが可能です。

介護度が比較的低い方が利用する施設であり、介護スタッフの目が行き届く小規模な施設です。需要の高い施設のため、数年待ちということも多々あります。

5人~9人での共同生活となりますので、人とのふれあい、コミュニケーションが常にとれること、また介護スタッフの見守りや実際の介護も受けられるため、入居者・その家族にとっては安心できる環境であると言えます。

グループホームへの就職・転職をお考えの方は、介護業界最大手の人材会社「ネッセMCM」にご相談してみてはいかがでしょうか!?きっとご希望の就業先が見つかるはずです。

介護施設の解説カテゴリの最新記事