福祉・介護用具はレンタルと購入について徹底比較!どちらが得!?

福祉・介護用具はレンタルと購入について徹底比較!どちらが得!?

介護保険を利用して、様々な福祉・介護用具のレンタルもしくは購入が可能であることは、多くの方がご存知のことでしょう。

しかしながら、どの用具が介護保険の対象で、この用具は購入したほうが良いなど、分からないことも多いはずです。

そこで今回は、福祉・介護用具のレンタル、購入について詳しく解説していきます。

是非、参考にしてください。

福祉用具の「レンタル」と「購入」について比較解説

福祉用具は基本的に、レンタルもしくは購入して利用することになります。

どちらを選択するかは人それぞれですが、現在の主流はレンタルが圧倒的です。

全ての用具が介護保険の対象になる訳ではなく、また要介護度によっても対象になる場合とならない場合があります。

更には、介護保険制度改定が行われば、また変わってくる現状があるのです。

そのため、しっかりと把握する必要があります。それでは見ていきましょう。

福祉用具のレンタル・購入の金額について

レンタルの場合

レンタル料金は、介護保険を利用すると1割負担で済みます。

例えば、1か月レンタル料7,000円の福祉用具の場合、自己負担額は1か月700円となります。

購入の場合

購入の場合は、介護保険の対象となる上限額が決まっており、1年間に10万円となっております。

例えば、8万円の福祉用具を購入した場合、自己負担額は8,000円となります。

年度は4月から3月となっており、年度が変わると再度上限10万円まで、利用できるようになります。

介護保険対象の福祉用具について

介護福祉用具の代表的なモノ、認知されているモノとして「車いす」や「介護ベッド」などがありますが、実はこれらは購入においては介護保険サービス対象外なのです、

レンタルの場合は1割負担で利用できますが、購入の場合は全額負担となっているのです。

では実際、福祉用具のレンタル・購入において、介護保険サービス対象となっている用具を見ていきましょう。

レンタル時に介護保険サービスの対象である福祉用具

◆車いす

要介護2以上の方が対象となります。

車いすにも様々な種類があり、「自走用標準型車いす」、「普通型電動車いす」、「介助用標準型車いす」などがあります。

◆車いす付属品

要介護2以上の方が対象となります。

この付属部品は、クッション、パッド、テーブル、ブレーキ、電動補助装置などがあるようです。

◆特殊寝台

要介護2以上の方が対象となります。

介護用のベッドです。

◆特殊寝台付属品

要介護2以上の方が対象となります。

マットレス、サイドレール、テーブル、ベッド用手すりなどが、床ずれ防止用具となっております。

◆床ずれ防止用具

要介護2以上の方が対象となります。

エアマットやウォーターマットなど。

◆体位変換器

要介護2以上の方が対象となります。

寝たきりの利用者の体を楽に動かすことが出来る器具となります。

◆手すり、スロープ

要支援、要介護全ての方が対象となります。

購入時に介護保険サービスの対象である福祉用具

下記、全ての福祉用具は、要支援、要介護全ての方が対象となります。

◆腰掛け便座

「和式便器の上において腰掛け式に変換して利用できる便座」、「洋式便器の上において高さを補助する便座」、「スプリング機能を有し立ち上がりを補助する便座」、「移動式の便座」などがあります。

◆自動排出処理装置の交換可能部品

尿や便が自動的に吸引される装置の部品部分になります。

◆入浴補助用具

入浴の際の転倒防止、入浴時の座位保持、浴室への出入り補助を目的とした用具になります。

◆簡易浴槽

空気式であったり移動式の浴槽で、工事を伴わないものが対象です。

◆移動用リフトのつり具部分

移動用リフトに対して、連結可能な用具が対象となります。

レンタルと購入ではどちらが経済的なのか!?

レンタルでは1割負担、購入では全額負担の「車いす」の場合、どちらがより経済的なのか、見ていきましょう。

一般的な車いすのレンタル料は、月5,000円~7,000円のため、自己負担額は1か月あたり500円~700円となります。購入する場合は、平均すると20,000円程度とのこと。

レンタルにおいては、1年で6,000円~8,400円、3年で18,000円~25,200円となるため、3年以上利用する場合は購入したほうが安くなる可能性があります。

ただし、時が経つにつれて車いすが体に合わなくなる可能性は否定できません。要介護度が上がり、車いすから電動車いすになったりするケースもあります。

そういった場合は、レンタルであればすぐに変更が可能のため、レンタルのメリットは大きいでしょう。

では次に、少し値段が高めの「電動車いす」について、見ていきましょう。

一般的な電動車いすのレンタル料は、月20,000円~30,000円のため、自己負担額は1か月あたり2,000円~3,000円となります。購入する場合は、200,000円~500,000円とかなり幅があるようです。

レンタルにおいては、1年で24,000円~36,000円、3年で72,000円~108,000円、5年で120,000円~180,000円となるため、レンタルのほうがお得感がありますね。

ただし、車いすはオーダーメードなどでつくる場合があるため、値段を掛けてでも自分に合ったものを思う方もたくさんいらっしゃるでしょう。

いずれにせよ、個人個人の考え方が重要となりますね

まとめ

いかがだったでしょうか!?

福祉用具の購入よりもレンタルの需要が多いのは、上記内容からよく分かったのではないでしょうか!?

もちろん、福祉用具を購入して使いたいと考えている方々も多数いらっしゃることもあり、どちらが良いかは人それぞれでしょう。

福祉用具を利用したいと考えている方は、是非とも参考にしてみてください。

初めての介護カテゴリの最新記事