介護業界で円満退職をするために実践すべきこと5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


退職届

円満退職は、誰もが望む退職の在り方ですよね。

それは介護業界においても例外ではなく、円満退職は重要だと考えられております。

ただ、円満退職するには退職する側の努力が必要であり、簡単にいくケースはあまりないかもしれません。

そこで今回は、介護業界で円満退職する秘訣を詳しく解説させて頂きます。

是非、参考にしてください。

介護業界で円満退職するための秘訣5選

1.1か月以上前に直属の上司に退職の旨を伝える

多くの場合、退職希望日の1か月前には、退職の旨を伝えることが通常です。何故1か月前かというと、退職する貴方の代わりとなる人材を雇用しなけばなりませんし、貴方のお仕事を誰かに引き継ぐ必要があります。

一人採用することも難しい介護業界では、1か月の猶予でも足りないかもしれません。また、有給などがある場合は、それらの日数も考慮に入れて伝えるようにしましょう。

更には、誰に伝えるかも重要です。やはり最初は、一番お世話になっている直属の上司が良いでしょう。

退職日については希望を伝えつつも会社の意向も聞いて、最終的にはしっかりと話し合ったうえで決めるようにしてください。

2.退職理由は前向きな内容が良い

不満や愚痴ばかりの退職理由よりも、「次のことに挑戦したい」や「やりたいことがあるから」といった前向きな退職理由であることが重要でしょう。

退職理由が後ろ向きなものであったり、誰かの文句などを言う必要はありませんし、最後の最後で貴方という人間の印象はマイナスとなってしまいます。

ポジティブな退職理由であれば、気持ちよく送り出してくれる可能性が高くなるはずです。

もちろん正直に伝ても問題ない内容であれば、そのまま伝えても良いでしょう。

3.最後まで仕事をしっかりとこなし、引き継ぎは完璧に

「立つ鳥跡を濁さず」ではないですが、最後だからこそきっちりと仕事をこなすことは、信頼に足る人物だったと評価されるはずです。

特に仕事の引継ぎを適当に行う退職者は、一番嫌われる退職者と言って良いぐらいです。とにかく、自身の受け持っていた仕事は、完璧に次の人に引き継ぐことが大切です。

4.お礼と挨拶

一緒に働きた方々にお礼と挨拶をしっかりと行うようにいたしましょう。

辞めるのだから静かに辞めたいという方もいらっしゃるでしょうし、送別会を開いてもらいたいと思う方もいらっしゃるでしょう。

どちらにせよ、お世話になった方々には「辞める旨」と「お礼の言葉」を伝えることは、社会人としても大切なことと言えるでしょう。

5.借りているモノはしっかりと返還する

会社から支給されているものは、基本的には会社のものです。よって、返還義務がありますので、忘れずに返還いたしましょう。

もし、その中に制服などもありましたら、クリーニングに出して綺麗な状態でお返しするようにしてください。

 

以上、上記5つのことを心掛けて、実行することが出来れば間違いなく円満な退職となるはずです。

逆に一つでも適当な対応をしてしまうと、貴方にとってもプラスになりませんので注意いたしましょう。

いずれにせよ、辞める時こそ誠実に対応することが大事なのです。

引き留められたり、退職日を遅らせて、との要望があった場合は!?

引き留められたり、退職日を遅らせてほしいという要望があった場合は、どうすれば良いでしょうか!?、というご質問があることでしょう!

貴方が大切な戦力であると認められている証拠であり、喜んぶべきことです。ただ、退職したいと思っている場合は、何とかしなければなりませんよね!

では、それぞれの対応の仕方を見ていきましょう。

■退職を引き留められた場合

今一度考えてみてください。貴方は会社に必要とされている人材であるからこそ、引き留められるのです、

話し合いによって、貴方の希望が叶えられるのであれば、残って再度働くのも良いでしょう。

ただ、退職の意思が固い場合や次の転職先が決まっている場合は、逆に説得する必要が出てきます。

決意は固いことを伝え、誠実に話し合うことが一番です。最終的には就業規則通り辞められるので、そこまで心配する必要ありませんが、しっかりと対応することをお勧めいたします。

■退職日を遅らせてほしいと言われた場合

こちらも話し合いが必要でしょう。まずは遅らせたい理由を聞いてみましょう。

いついつまでに辞めなければならない、というタイムリミットがある場合は、正直にその旨をお伝えください。

もし、そうでない場合は、要望を受け入れることも一つです。円満に辞めることを重視している場合は、要望に応えることも良いのではないでしょうか!?

まとめ

いかがだったでしょうか!?

今回は、介護業界における円満退職の秘訣をお伝えさせて頂きました。

退職にあたって、円満に退職することは、誰もが望むところでしょう。辞めるとしてもお世話になった職場ですし、思い入れもあるはずです。

一緒に働いた仲間や上司にも感謝してしかるべきです。そういった気持ちを持って退職することは、多くのメリットをもたらすことでしょう。

退職は新たな出発でもあります。すがすがしい気持ちで新しい道に進むためにも、円満退職になるように心掛けてみてはいかがでしょうか!?

 




SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*