介護業界における栄養士の仕事内容と職種解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


介護業界における栄養士の役割は、利用者の健康・体調を考慮したうえで献立を作成したり、栄養指導を行ったりいたします。

また、調理師や調理スタッフとのやり取りも発生するため、コミュニケーション能力も必要ですし、介護業界で働くことは別業界で働いていた時とは違う感覚が必要になってくることでしょう。

今回は介護業界における「栄養士」の職種について詳しく解説していきます。是非、参考にしてください。

介護業界における栄養士とは

栄養士は国家資格になります。そのため、栄養士の仕事は非常に責任のある仕事であり、介護業界における栄養士の存在は、高齢者の健康を支える重要なポジションと言えます。

利用者さんが如何に食べやすく、そして健康的に過ごせるかを常に考えて仕事をする必要があります

介護業界における栄養士の仕事内容

利用者の方それぞれの状況、健康状態に合わせて、栄養の偏りなく健康的なメニューや食べやすいメニューを常に心がけなければなりません。

またメニューを考えるだけでなく、食材の管理、調理師や厨房スタッフと連携して食事を作る調理業務等も仕事の一つです。その際、調理師や厨房スタッフへの指示出しや、調理の進め方などマネジメントも行うケースもあります。

調理師の詳しい職種解説はこちら

下記、簡潔に仕事内容をまとめてみます。

・施設利用者とのコミュニケーション
・栄養管理、栄養指導
・食材管理
・食材の調達
・調理
・配膳

このように栄養士の仕事内容は多岐に渡ります。常に施設利用者の状態を見極めることも、栄養士の大切な仕事です。

サービス対象者は高齢者となりますので、色々な面で気を使っていくこともお仕事の一つと考えた方が良いでしょう!

栄養士に必要な資格

・栄養士
・管理栄養士

介護業界における栄養士のやりがい、大変なところ

常に利用者の健康状態を把握しておかなければなりません。栄養管理はもちろんのこと、味付けの改善、利用者個別で対応しなければならないこともあるでしょう。そういった責任ある仕事は、きっとやりがいを感じるはずです。

一方で、食による体調不良などでクレームを受けることもあるかもしれません。更に、夏などは食材管理など、意識しすぎても良いくらい意識していなければならないなど、気を張る場面も多いと想定できます。

介護業界の調理現場の実態は、企業・施設によって大きくことなります。そのため、これまで働いていたレストラン等での仕事内容、仕事の進め方、雰囲気などにギャップを感じることもあるかもしれません。

また、介護業界に対する知識、介護そのものの知識を身に付けていく必要があります。更にはそれらを調理師などに、しっかりと浸透させなければならないため、別業界から介護業界にきた方々は苦労するかもしれません。



介護業界における栄養士の年収について

栄養士の年収は、調理師よりも平均年収は多く350万円~400万円ぐらいと想定されます。別業界の栄養士の年収とそこまで変わらないかもしれません。また、管理栄養士であれば更に年収も期待できるはずです。

逆に言うと、年収をアップさせるためには、管理栄養士を目指しキャリアアップしていかなければならないでしょう。

介護業界で栄養士として活躍する方々のコメント

41歳/女性/介護業界2年目

介護業界の前は、ある企業の食堂で栄養士として就業しておりました。長年勤めておりましたが、栄養士として変わり映えしない日々が続いたため、思い切って転職を決意し、介護業界に飛び込みました。

介護業界でのお仕事の最初の印象は、これまでとは明らかに違う仕事だな、と感じました。

今までの考え方は通用せず、頭を切り替える必要がありました。高齢者の方の栄養について考えたとき、栄養士としてまだまだ知らなかったことが、たくさんあるということが分かり、ある意味すごく嬉しかったです。

それから、勉強の毎日。高齢者の栄養を考えることは、かなり繊細で、細いですが、責任重大なこの仕事が更に好きになりました。

介護業界に飛び込んで、とても良かったと感じております。

介護業界の栄養士を目指す方へ

資格取得は決して簡単ではありません。

栄養士免許を持っていれば職には困ることはないかもしれませんが、一つの職場で栄養士の枠は1名から2名ぐらいのところが多いので、狭き門と言えば狭き門と言えます。

人気の職場となると、より就業が難しくなるかもしれません。

「食」という人間であれば必ず必要な行為であり、非常にデリケートで責任のある職種ですので、日々勉強し、自身のスキル・経験を高めていくことが重要です。

介護業界は高齢者がお客様であり、栄養・食事という観点からサービスを提供する栄養士の仕事は、決して簡単なものではありません。

一方で、社会貢献度の高い介護業界で栄養士の仕事をすることは、利用者、その家族に非常に感謝されると共に、他業界よりも考える力であったり、コミュニケーション力であったりの成長スピードが速いかもしれません。

栄養士の更なる上の資格、管理栄養士を目指すことを目標にするのも良いでしょう!

介護業界で栄養士での就職・転職をお考えの方は、介護系最大の求人サイト「カイゴジョブ」で探してみてはいかがでしょうか!?栄養士の案件多数あり、です!





SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*