退職した職場へ復帰するか悩んでいるときに注意すべきこととは!?

退職した職場へ復帰するか悩んでいるときに注意すべきこととは!?

一度退職した職場で再度働きたい!と考えたことがある方は、どのくらいいらっしゃるでしょうか!?

ただ、転職ののち、前の職場のほうが良かった、と感じることもなきにしもあらずです。

今回は、一度退職した職場に戻れる状況であり、それについて悩んでいる方にお伝えしたします。是非、参考にしてください!

一度退職した職場に復帰したいと考えている方が注意すべきこと

以前に勤めていた職場に戻りたい、戻ろうと考えている方は、色々と悩むこともあるでしょう。

そして、出戻りの際、注意すべき点がいくつかございます。

以前いた時と同じような貴方であってはいけません。

スキル・経験・人間性など、一回り大きくなった貴方を見せる必要がありますし、そうあるべきなのです。

一度、退職した職場です。戻ってきて欲しいと考えている人がいることは間違いありませんが、そうでない人もいるかもしれません。

出戻ることは、何かしらのストレスはありますし、これまで以上に仕事に取り組む姿勢を見せなければならないでしょう。

1.なぜ、一度退職したかを再度思い出そう

一度退職した職場に戻ろうと考えている場合は、絶対に退職した理由を思い出す必要があります。

例えば、「残業が多すぎた」や「慢性的な人手不足だった」などの理由で退職した場合などは、必ず現状を確認するようにしましょう。

もし改善されていなければ、迷わず復帰しないことをお勧めします。そうしなければ、恐らく再度退職することとなるはずです。

2.相応の覚悟が必要である

復帰することを決断した場合は、それ相応の覚悟が必要です。次は、そう簡単に退職などの選択は出来ないはずです。

そうなってしまった場合は、完全に無責任な人、どこにいっても退職を繰り返す人、というレッテルを貼られることになるでしょう。

一度やめた職場に復帰する以上は、スキル・経験を買われているはずです。

無責任な対応は出来ないため、長く勤めることが出来ると判断し、覚悟を決めた場合にのみ復帰を決断するべきなのです。

3.今一度、謙虚な姿勢と新人の気持ちを持って復帰するべし

復帰する際には、昔在籍していたからといって、「以前はこうだった」「私はこんなやり方をしていない」など、今のやり方を否定したりしてはいけません。

一度退職している以上、スキルと経験を持っていたとしても新人と同じような謙虚な気持ちで出戻る必要があります。

そうしなければ、今いる人との人間関係は上手くいかず、また退職することになってしまいます。

まとめ

いかがだったでしょうか!?

一度辞めた職場に復帰することが、如何に大変かが分かりましたか!?

出戻りすること人は、出戻ることを安易に受け入れるべきではなく、あらゆる想定をしなければならないのです。

社会人として同じ失敗を繰り返すことは避けなければならないですし、出戻って再度退職した場合は、デメリットでしかありません。

戻ってきてと懇願されたとしても、まずは冷静になり熟考しましょう。必要とされていると感じるかもしれませんが、良いことばかりではありません。

まずはお伝えした注意点をしっかりと自分自身で考え、自分のためになるか、そして出戻る職場のためになるか、を判断し、最終的な結論を出してみてください!

介護転職情報カテゴリの最新記事