デイサービスの施設解説(仕事内容や入居費用について)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


デイサービスは、その名の通り1日単位で介護サービスが受けられる通所介護サービスです。近年、デイサービスの需要はますます高まっており、高齢者が家族以外の人と触れ合える場であり、また高齢者の家族の負担を軽減できることが人気の理由です。

今回は、デイサービスについて、入居者目線、働く側からの目線で詳しく解説していきます。是非、参考にしてください。

デイサービスについて

デイサービスのサービス内容

デイサービスは通所介護とも呼ばれ、在宅介護の要支援者・要介護者がデイサービス対応の介護老人福祉施設に通って、食事や入浴のほか、簡単な動作訓練やレクリエーションなどの介護サービスを受けられます

要介護者は自宅に引きこもっていると介護度が重くなっていく危険性があるため、外に出たり、人と触れ合うことが非常に大切です。

デイサービスを利用して同世代の方々や介護スタッフとのコミュニケーションを図り、心身をリフレッシュさせることは、大きな意義があると言えます。

上記のようなサービス内容が基本ではありますが、各施設によってそのサービス内容は大きく異なります。

例えば食事に力を入れている施設、レクリエーションが独創的な施設、大浴場のある施設、など特徴を持った施設が多数存在しますので、通所を開始する前に見学に行くことをオススメいたします。

デイサービスの利用費用

自己負担額は1割を想定して、費用を算出しております。自己負担額2割の対象の方は2倍で計算ください。ちなみに自己負担額の1割と2割の境界線は「年収280万円」のラインとお考えください

「要支援」の方は月額制で、「要介護」の方は回数に対して費用負担が発生いたします。更に利用回数については「要支援1で週1回」、「要支援2で週2回」が基本になっています。

まずは、要支援の方の費用を見ていきましょう。

■要支援の場合

●要支援1:自己負担額1か月1,647円

●要支援2:自己負担額1か月3,377円

※送迎や入浴の費用は含まれています。ただし、食事代やおむつ代などは別料金。

特別な場合に加算される費用

  • 運動器機能向上加算自己負担額1か月225円
  • 口腔機能向上加算:自己負担額1か月150円
  • 栄養改善加算:自己負担額1か月150円
  • 生活機能向上グループ活動加算:自己負担額1か月100円

■要介護の場合

●要介護1

  • 3時間以上5時間未満:自己負担額1回426円
  • 5時間以上7時間未満:自己負担額1回641円
  • 7時間以上9時間未満:自己負担額1回735円

●要介護2

  • 3時間以上5時間未満:自己負担額1回488円
  • 5時間以上7時間未満:自己負担額1回757円
  • 7時間以上9時間未満:自己負担額1回868円

●要介護3

  • 3時間以上5時間未満:自己負担額1回552円
  • 5時間以上7時間未満:自己負担額1回874円
  • 7時間以上9時間未満:自己負担額1回1,006円

●要介護4

  • 3時間以上5時間未満:自己負担額1回614円
  • 5時間以上7時間未満:自己負担額1回990円
  • 7時間以上9時間未満:自己負担額1回1,144円

●要介護5

  • 3時間以上5時間未満:自己負担額1回678円
  • 5時間以上7時間未満:自己負担額1回1,107円
  • 7時間以上9時間未満:自己負担額1回1,281円

※送迎は料金に含みます。食事代やおむつ代などは別料金。
※施設の形態によって費用が異なります。

特別な場合に加算される費用

  • 入浴介助加算自己負担額1回50円
  • 口腔機能向上加算:自己負担額1回150円
  • 栄養改善加算:自己負担額1回150円
  • 若年性認知症ケア加算:自己負担額1回60円

デイサービスのメリット・デメリット

メリット

・初期費用なし、費用が安い

・外出の機会が増える

・人との触れ合いが増える

・単発的にも利用できる

デメリット

・施設の形態によっては、利用者のストレスとなることがある

デイサービスでの介護士の仕事について

デイサービスの仕事内容は、食事介助・入浴介助・身体介助を基本として、デイサービス最大の特徴であるレクリエーションの企画・運営が主な仕事内容となります

また、多くの場合「送迎業務」も仕事内容の一部となっていますので、普通免許が不可欠な職場と言えます。

更には介護業務だけではなく、利用者とコミュニケーションを取ること、レクリエーションで利用者に楽しんでもらうことが重要になってきます。

デイサービスは日勤のみなので、夜勤などの仕事はありません。介護のスペシャリストを目指す方、お給料を取りたい方には向かない職場かもしれません。

それに加えて、幅広い介護度の高齢者を受け入れているため、入居型からデイサービスに転職した際に、色々と戸惑う方もいるようです。

デイサービスは各施設で仕事内容・役割が異なってきますので、就業前に見学することが大事です。

デイサービスの更に詳し仕事内容はこちら

まとめ

デイサービスは介護保険の適用事業です。よって、まず居宅介護支援事業者にケアプランの作成を依頼するところから始まります。

その後、ケアマネージャーが作成したケアプランにしたがってサービスを利用することが出来るのです。

また、要支援者が利用できるデイサービスは、介護予防を主眼に置いたものになっているので、ケアプランの作成も、居宅介護支援事業者ではなく地域包括支援センターに依頼することになっています

そして、デイサービスは在宅介護の位置づけとなります。そのため利用者側も働く側も、入居型の介護施設とは大きく異なります。

デイサービスは、利用者のご家族からの需要が多く、近年かなり施設が増えている現状があります。訪問介護とともにデイサービスを利用する高齢者、その家族は今後も増え続けていくことでしょう。

デイサービスへの就職・転職をお考えの方は、介護業界最大手の人材会社「ネッセMCM」にご相談してみてはいかがでしょうか!?きっと働きやすいデイサービスが見つかるはずです。




SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*