介護業界における調理師の仕事内容と職種解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


介護業界における調理師の役割は、飲食店やホテルなどの調理業務とは多少異なるイメージです。

もちろん料理を作ることがメインではありますが、料理の考え方、料理の内容は飲食店等とは大きな違いがあるかもしれません。

今回は介護業界における調理師の職種、仕事内容について、詳しく解説していきます。是非、参考にしてください。

介護業界における調理師とは

調理師は立派な国家資格です。介護業界では調理師、厨房スタッフなど括り方はバラバラですが、調理師を在籍させておかないといけない場合があったりと、需要のある職種です。

そして、介護施設での調理というものは思った以上にデリケートなモノであり、普通の飲食店とは一線を画します。お料理を提供するお客様は高齢者の方々のため、これまでの経験が通用しない場面もあることでしょう!

介護業界における調理師の仕事内容

介護業界における調理師の仕事内容は幅広く、調理だけでなく、メニュー決め、食材の管理(受発注、買い出し)なども行うことがあります。

各施設によって仕事の幅は異なるので、就業前にどの程度まで携わるかはしっかりと把握しておくことが大事です。

また、栄養士がいるといないとで、仕事内容は変わってくるのも調理師の特徴とも言えるでしょう。

栄養士の詳しい職種解説はこちら

栄養士を配置している施設ですと、立ち位置的には栄養士、調理師の順となります。栄養士の指示のもと、調理を行うことになりますので、本当の意味で調理メインとなることになります。

調理師に必要な資格

・調理師

調理師を募集している際は、間違いなく調理の資格が必要となります。

また、調理補助、厨房スタッフなどの求人案件の場合は、無資格でも応募可能なことが多いため、それぞれの募集要項をしっかりと確認する必要があります。



介護業界における調理師のやりがい、大変なところ

介護業界では調理方法も異なります。

きざみ食、とろみ食、ソフト食、ペースト食など、施設利用者の容体に合わせて、その方に合った食べやすい調理方法を行う必要があるのです

調理スタッフは様々な利用者の状況を把握しなければならないため、責任も重大なのです。

食品を扱うことは、常に食中毒、集団感染の恐れがあることも、念頭に置いておかなければなりません。

高齢者の方の食事を作るため、介護施設で働く際には飲食店以上に食材や料理に対してい、気を使っていかなければならないのです。

また、立ち位置的には栄養士、調理師、調理員の順番です。栄養士の指示のもと、調理師が調理員を管理します。栄養士、調理員ともにコミュニケーションを取っていかなければなりません。

栄養士がいない場合には、栄養士業務の一部を任せられることもあるので、更に責任が増すかもしれません。ただし、その分幅広い仕事が出来るため、やりがいとなるはずです。

介護業界における調理師の年収について

調理師の年収は、仕事内容の幅によって大きく変わってきます。要は就業する施設に左右されることになります。例えば、栄養士がその施設にいるかいないかで変わってきたりもするのです。

年収平均は260万円~300万円程度。調理師で複数人のマネジメント業務も任されるような立場になれば、もう少し年収が望めるかもしれません。

介護業界で調理師として活躍する方のコメント

28歳/男性/介護業界1年目

これまでレストランの調理師として働いておりましたが、ふと介護業界の求人を見たときに、こういった仕事もあるのか、という感じで応募しました。

高齢者の方々の料理を担当する、これは責任感だけでなく、自分のスキルが大きく飛躍することになりました。

レストランの調理師は、如何においしく作るか、が最も重要です。しかしながら、介護施設の調理師は、おいしいだけではだめで、高齢者一人ひとりに合わせて料理を作る必要があり、また、高齢者の方の体調の変化を読み取る必要があります。

そういった意味で、新たな境地が開けたと思っております。

32歳/男性/介護業界5年目

現在、有料老人ホームで料理長を任されております。介護業界の調理師のほとんどは、レストランなどで働いていた人間ばかりです。

そのため、介護施設での調理の仕事に、ギャップを感じる人間も少なくありません。

料理長として最も気を付けていることは、食事の時間を楽しんでもらえるようにすることです。どんなに高齢になったとしても、食事は大切なことであり、楽しい時間でなくてはなりません。そういった意味で、レストランとは違った考え方を持たなければなりません。

究極は、一人ひとりに対して、違った料理を提供することが重要です。もちろん、予算や時間上、なかなか難しいことではありますが、高齢者の方が食べやすく、且つおいしいと感じて頂ける料理を作ることが重要だと思っております。

介護業界に勤めて5年、非常に充実した時間を過ごしております。

介護業界の調理師を目指す方へ

調理師免許を持っていれば、介護業界で働くことは難しいことではないかもしれません。免許を持っていない方も、働きながら免許取得に挑戦するのも良いかもしれません。

ただし、大事なのは調理師として働き始めてからだと思います。キャリアアップをしっかりと考えていかないと、万年調理師で終わってしまうかもしれません。

また、お客様は高齢者の方々ですので、介護に対する知識も必要になってくるでしょう。調理に対するアイデアも必要になってくるため、違った意味でクリエイティブな力を養えるかもしれません。

社会貢献度の高いお仕事であり、料理を通して高齢者を笑顔にできる仕事と言って良いでしょう!

一つ考えなければならないことは、せっかくの調理の資格とスキルを持っているのであれば、上を目指すことを考える必要があります。調理師の方々もキャリアアップしてかなければ、お給料はなかなか上がっていきません。

経験・スキルを伸ばしていき、マネジメントポジションやスペシャリストを目指しみてはいかがでしょうか!?

調理師での就職・転職をお考えの方は、介護系最大の求人サイト「カイゴジョブ」で探してみてはいかがでしょうか!?調理師の案件多数あり、です!





SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*