【介護職】初めての転職を成功させるための10のこと

【介護職】初めての転職を成功させるための10のこと

介護業界で初めての転職をしようと考えている方は、多数いらっしゃるでしょう。

当然のことながら、初めての転職だからこそ絶対に成功させたい、そう思われているのではないでしょうか!?

転職が当たり前のように行われている時代ですが、転職に失敗される方も少なくありません。

そこで今回は、介護職の方で初めて転職される方に成功のポイントをお伝えいたします。

是非、参考にしてください。

介護業界で介護職の方が初転職を成功させるための10のこと

初めての転職は1度しか経験することが出来ません。そして、社会人1社目の企業から転職するということは、決して簡単なことではないはずです。

初めての転職を失敗させないためにも、とにかく真剣に転職と向き合わなければなりません。

これからお伝えする10のことを実践することで、必ず良い転職となるはずです。それではお伝えいたします。

1.本当に転職すべきかを今一度考える

多くの方が、一度は転職したい、と考えたことがあるはずです。ただ、それはちょっとした気の迷いの可能性はないでしょうか!?

職場で怒られたり、同僚で喧嘩したりした場合、一時的に会社を辞めたいと思うこともあるでしょう。今の職場が忙しく、大変だから転職したいと思って転職を考える方もいますが、これは逃げの転職です。次の職場でもそう感じた場合、また転職することになります。

特に初めての転職の場合、重要なことは目標を持って、やりたいことがあるから転職したい、と思って転職することです。

いずれにせよ、転職活動を行う前に「本当に転職したいのか」、「転職したらやりたいことが出来るのか」を今一度考えてみることが大切です。

2.転職先に求めることを優先順位付けする

転職することを決断したら、まず転職先に何を求めているかを洗い出しましょう。

そして、転職における貴方の希望を優先順位付けしてみましょう。そうすることで、転職先がどのような企業であるかが見えてきます。

失敗しない転職をするためには、貴方の希望叶えられる転職先を見つけることが非常に大切です。

3.できれば在職中に転職活動を行う

仕事をしながら転職活動を行うのは、骨の折れる作業であることは間違いありません。

しかしながら、在職中に転職活動を行う方が、焦らずじっくりと転職活動に向き合うことが可能です。万が一、転職活動が上手くいかなかったり、希望の企業に巡り合うことが出来なかったとしても、仕事を辞めていなければ仕切り直すことが出来ます。

希望の求人に出会えるかはタイミングによることも多々あるため、出来れば在職中に転職活動を行うようにしてみてください。

4.しっかりと履歴書・職務経歴書を作成する

転職活動において、履歴書・職務経歴書を作成することは基本中の基本です。

書類をしっかり作ることが出来ず、書類成功で落とされてしまっては、元も子もありません。特に職務経歴書は貴方のこれまでの経歴を記載するものであり、あなた自身をアピールすることができます。

とにかく、履歴書・職務経歴書ともに、しっかりと作成するようにしてください。

介護職で転職を考えている方必見!上手な職務経歴書の書き方について!!

5.応募先を妥協なく選定する

転職するためには、希望の求人を探し出さなければなりません。貴方の未来を左右する可能性があるため、求人の選定は正に最重要事項と言えるかもしれません。

求人サイトや求人誌で探すのが通常でしょうが、そこに人材会社への登録を加えてみると良いかもしれません。人材会社は求人サイトにはない求人を保有していたり、また保有している求人の詳しい情報を教えてくれたりします。

人材会社の利用は完全無料ですので、利用しない手はないでしょう。

正社員希望の方⇒介護業界専門のオススメ人材紹介会社6選
派遣社員を希望の方⇒介護業界専門のオススメ人材派遣会社8選

6.自己PRを固める

書類作成時にも面接時にも「自己PR」が必要になります。そのため、転職活動を始める前、もしくは開始直後ぐらいには、「自己PR」をしっかりとまとめておくべきです。

「自己PR」は貴方をアピールするものであり、自己紹介です。特に面接時には必ずと言っていいほど、「自己PRお願いします」となるので、しっかりと「自己PR」を固めておきましょう。

介護業界での転職希望者必見!よくある質問、役立つ面接対策、自己PR!

7.応募企業ごとに面接対策を

3社応募した場合、3社の面接対策が必要です。まず、応募企業のことをしっかりと把握しましょう。ホームページを隅から隅まで見ることは必須です。

8.面接で確認したいこと、確認すべきことは必ず聞く

転職を失敗させないためにも、確認したいことは必ず面接時に聞くようにしましょう。

例えば、少し聞きづらいお金の話などでも、貴方の転職における優先順位がお給料やボーナスなどであれば、絶対に聞くべきです。

転職の失敗となるケースとして、「確認すべきことこを確認せず、入社してみたら想像と違った」といったものがあります。

入社前と入社後のギャップ、こういったものを埋めるためにも少々質問しづらいことでも積極的にしていくべきでしょう。

9.希望企業に内定後、転職したいか再度自問自答すべし

無事、希望の企業から内定を貰ったところで、再度「転職したいか」「転職すべきか」を自問自答しましょう。

内定後は少し浮かれ気分になりますが、転職は貴方の人生を左右しかねません。いつ何時も妥協は禁物なのです。

内定先の入社後をイメージし、自分がイキイキと働いているか、成長している自分が見えるか、を確認してみましょう。

10.転職先の入社日を確定させ、円満に退職できるよう努める

内定先に転職することが決めた後は入社日を決定させましょう。これは転職先との打ち合わせで決めることになります。

また、在職中の方は、現職の企業に退職の旨を伝えなければなりません。これは転職活動の最後の大仕事と言えます。引き留めに合うかもしれませんし、理由をしつこく聞かれるかもしれません。

とにかく退職は円満に!これが絶対です。

まとめ

いかがだったでしょうか!?

転職活動は予想以上にパワーが必要ですし、なんとなくで行うものではありません。何としても成功させようと妥協せずに臨むべきです。

最初の転職に失敗してしまうと、その先ずるずると何度も転職してしまう傾向にありますので、最初の転職活動を本当に大事です。また、転職先は、新しい環境であり、一緒に働く方とは一からの人間構築をしていく必要があるので、その覚悟もなければなりません。

それでも、転職自体は全く悪いものではないので、本気で転職を考えている方は転職に向けて進んでいくべきす。

介護職の方で初めての転職活動に臨む方は、是非とも参考にしてみてください。

介護業界で初めての転職を考えいる方、転職するか悩んでいる方は、まずは介護業界大手で全国対応の人材会社「長谷川キャリアサポート」にご相談してみてはいかがでしょうか!?
「スマイルSUPPORT介護」 介護のお仕事紹介

介護転職情報カテゴリの最新記事