ケアマネ資格を取っても、ケアマネとして転職が難しい理由とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


介護職員からケアマネを目指されている方は、現在多数いらっしゃるのではないでしょうか!?

しかしながら、介護支援専門員というケアマネになれる資格を取ったからといって、ケアマネになる訳ではありません。

今回はケアマネ資格を取得しても、ケアマネとして転職することが如何に難しいかをお伝えいたします。是非、参考にしてください。

ケアマネ資格を取っても転職が難しい理由とは!?

ケアマネジャーという職種に就きたくて介護支援専門員の資格を取得された方々で、転職してケアマネになれる方はいったいどのくらいいるのでしょうか!?

恐らく多くの方は、ケアマネになることができず介護職員として引き続き働いております。

せっかく資格を取ったのに、ケアマネになれないなんて、と思ってしまいますが、これが現実です。

在籍している会社でケアマネを目指す場合

今いる会社でケアマネになるためには、新たに施設が立ち上がりケアマネのポジションに空きがある、もしくはケアマネの担当が辞めてしまった、といったことによってケアマネに就ける可能性がありますが、待ちの状態になります。

正直、多くの場合、ケアマネになるチャンスは、ポジションに空きが出た場合となるため、いつなれるかが不確定ですし、もしかしたら空きが出ない場合もあるかもしれません

これではせっかく取った介護支援専門員の資格が、宝の持ち腐れ状態と感じることでしょう。

そうなると次に考えるのは、転職してケアマネを目指すことです。

ケアマネ職を求めて転職する場合

資格があればケアマネになれると思い、思い切って転職に踏み切る方も多くいらっしゃいますが、もう少し考えてみてください。

まず、ケアマネ資格を持っていても、実務未経験の場合、当然ながらハードルが上がります。何故なら未経験であり、ケアマネという職種においては素人同然と判断されるからです。

そして、ケアマネ求人があり応募したとしても、貴方だけが応募するわけではありません。そこにはきっとケアマネ経験者の応募もあるはずです。となると、未経験より経験者が採用される可能性が高いのです。

介護職と比べて圧倒的に求人数が少ない職種であるケアマネは人気も高く、応募が殺到する傾向にあります。となると、資格持ちの未経験者が太刀打ちすることは、なかなかに難しいのが現状なのです。

ケアマネになるにはタイミングが重要

まずお伝えしておきたいことは、介護支援専門員を取得したとしても、すぐにケアマネとして仕事が出来ると思わない方が良いでしょう

ケアマネになるには、運も必要ですが、最も大事なことはタイミングです。タイミングを逃してしまえば、ケアマネになれない可能性もあるでしょう。

転職せずに今の会社でポジションの空きを待つ方が良いのか!?はたまた転職して、ケアマネのポジションを目指すのか!?

これを決断するのは人それぞれですが、焦らないことです。

とにかく中長期的にケアマネに就くことを考え、求人情報を随時チェックするなど、ケアマネになる努力が必要と言えるでしょう。

まとめ

需要が山ほどあり、供給が追い付かない介護職とは真逆で、ケアマネも需要と供給が一致していないと言えます。需要より供給が多いケアマネという職種は、なることは大変なのです。

どうしても実務経験者が優遇されるため、新しく未経験者の介護支援専門員資格を持っている方は、なかなか入り込むすきがないのが現状です。

それでも資格を取得したのだから、ケアマネを目指したいという方がほとんどだと思います。

本当にケアマネになりたいと思っている方は、とにかくタイミングを計り、長い目でケアマネージャーの職種を目指してみてください。

ケアマネとして働きたいと考えている方は、介護業界最大手の人材会社「ネッセMCM」にご相談してみてはいかがでしょうか!?




SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*