資格があればケアマネ、サ責、生活相談員にすぐになれるの!?

資格があればケアマネ、サ責、生活相談員にすぐになれるの!?

介護業界では、介護職以外にも多数の職種が存在します。

介護業界でキャリアアップしたいと考える方々は、ケアマネ、サ責、生活相談員などの職種を目指す傾向にあります。

今回は、資格があればケアマネ、サ責、生活相談員にすぐになれるかどうか、について詳しく解説していきます。

是非、参考にしてください。

資格があればケアマネ、サ責、生活相談員になれる!?

ケアマネージャーになりたい方は介護支援専門員の資格、生活相談員であれば社会福祉士・社会福祉主事任用が必要になります。

サ責であれば、介護職の最初の資格「介護職員初任者研修」でもなることができますが、実情は「介護職員実務者研修」資格以上をお持ちの方を求める傾向にあります。

まずは簡単に、各職種の仕事内容など見ていきましょう。

ケアマネ、サ責、生活相談員の仕事内容

ケアマネジャー

業界では、略して「ケアマネ」と呼ばれることがほとんどです。

ケアマネの仕事内容は、簡単に言ってしまえば、介護サービスを利用したい方への「ケアプラン」の作成です。

基本的には、介護サービスを利用する前の高齢者とのやり取りが多い仕事と理解しておいてください。

ケアマネの詳しい解説はこちら

生活相談員

施設に勤務している生活相談員は、実際に介護サービスを利用されている方、もしくはその家族への相談業務になります。

介護サービスを利用を開始してからも様々な悩みや不安を感じることがあります。

その時に頼るべき存在が、「生活相談員」なのです。

生活相談員の詳しい解説はこちら

サービス提供責任者

業界では略して「サ責」と呼ばれています。

訪問介護事業所での訪問介護員のコーディネート、マネジメント業務を行うのが、サービス提供責任者の仕事です。

多少営業的な要素もあるサ責の仕事は、介護職をやられてきた方々にとっては少し異質と感じかもしれません。

サービス提供責任者の詳しい解説はこちら

資格保持だけでは、これらの職種に就くことは難しい

資格を持っていれば、目指すべき職種ですぐに働くことができる、と考えている方が多数いらっしゃいますが、実情はそうではありません。

今回の題材における結論から述べさせていただきますが、資格を持っていてもケアマネ、サ責、生活相談員になれないことも多々あります。

何故でしょうか!?

答えは簡単です。既にそのポジションで働いている人が、いらっしゃるからです。

転職するにしても同様です。

求人がなければ、そもそも働けないですし、応募したとしても一つの枠を経験者も含め複数の人と争わなければならないからです。

求人数が介護職と比べて少ないことも原因です。少ないチャンスをモノにして、その職種に就かなければならないため、求人関連の情報取集も随時行っていなければなりません。

ケアマネ、サ責、生活相談員の職種に就くには!?

資格を取得する意味がないし、キャリアアップできないのか!?と考えてしまう方もいらっしゃるかと思いますが、可能性がないわけではありません。

ハードルは低くはありませんが、チャンスはありますし、最初は誰もが未経験です。

とにかく重要なことは、タイミングです。

「転職せずに今いる施設でチャンスを待つか」、はたまた「転職してその職種に就くか」、のどちらかしかありません。

運も必要ですし、忍耐も必要です。多数面接をしたとしても、お見送りとなることもあるでしょう。

それでも諦めず、求人情報を収集し続けることが大切なことなのです。

まとめ

いかがだったでしょうか!?

介護業界は資格の業界ではあるものの、資格を持っていいるだけで評価されるということもありません。

やはり、資格を持っていて且つ経験・スキルを持っている方こそが、誰からも評価される存在なのです。

ケアマネ、サ責、生活相談員になりたいと思っていらっしゃる方は、中長期的なビジョンでその職種に就くことをイメージする必要があります。

介護業界でキャリアを形成していくためには、資格と経験値どちらも必要であることを理解し、将来を考えてみてください!

ケアマネ、サ責、生活相談員で就職、転職をお考えの方は、国内最大級の介護業界に特化した人材紹介・人材派遣サービスを提供する「長谷川キャリアサポート」にご相談してみてはいかがでしょうか!?

「スマイルSUPPORT介護」 介護のお仕事紹介

介護転職情報カテゴリの最新記事