介護業界の賞与(ボーナス)について徹底解説!

介護業界の賞与(ボーナス)について徹底解説!

介護職の方々にとって、賞与(ボーナス)は大切な収入となっていることは間違いありません。

企業によって、賞与の出し方、金額の算出方法など様々ではありますが、実際「賞与」というものはどういった報酬なのか、何となく理解しているのではないでしょうか!?

そこで今回は、介護業界の「賞与(ボーナス)」について詳しく解説していきます。

是非、参考にしてください。

介護業界の賞与について

基本的に賞与は、正社員のみが対象であり、パート社員や契約社員の方々は対象外であることがほとんです。

ほとんどの企業がボーナスを夏、冬の年2回で支給することが多く、金額においてはそれぞれの企業で大きく異なります。

では、介護業界の賞与について詳しく見ていきましょう。

賞与の支払いは義務ではない

企業にとって、賞与は支払わなければならない、ということはありません。

業績が悪ければ、当然支払わなくても良いですし、いきなり賞与の支払いを止めようが法律的には問題ないのです。

では、なぜ企業は、賞与を支払うのでしょうか!?それは、一つに日本社会に賞与というものが根付いており、貰えるのが当然という風潮があるからでしょう。

もちろん、賞与の支払いは従業員のモチベーションを上げるための一つの手段ですし、賞与を払わない企業は採用も難しくなりますし、離職率が高くなる一つの原因ともなるでしょう。

ただ、賞与は義務ではない、ということは働く側の方々は理解しておいた方が良いでしょう。

賞与の内訳について

各企業の賞与の算出方法として、多くの場合「基本給」×〇ヶ月分が一般的です。

ここで勘違いしてはいけないのが、「月給」×〇ヶ月分ではないということです。介護業界に限らずですが、月給の内訳は「基本給+○○手当+○○手当+○○手当」で成り立っております。

月給が25万円あっても、それが全て賞与の対象にはならないのです。基本給を低く設定されている企業もありますので、賞与の金額が想像とは大きく異なる場合がありますのでご注意ください。

介護業界の場合の例ですが、「基本給12万円+資格手当2万円+処遇改善手当1万円+夜勤手当3万円+役職手当2万5千円」」=月給20万円5千円の介護職の賞与は、賞与は12万円×〇ヶ月となることがほとんどです。

賞与制度はあるが満額支給されない場合はある!?

評価制度があり、賞与にもそれが反映される企業などでは、評価によっては満額支給されない従業員の方もいるかもしれません。

また、当たり前のことではありますが、在籍が1年未満の方や入社のタイミングによっては、賞与が満額で支給されない場合もございます。

介護業界の苦しい台所事情

介護事業者は、国から貰える介護報酬によって売上を確保しております。そのため、一般企業のように新ビジネスを展開して劇的に利益を伸ばしたりすることがなかなかに難しい業界なのです。

介護報酬は引き下げられている傾向もあり、利益を出しづらい業界ですし、売上を伸ばしてくためには施設や事業所を増やしていかなければならないのですが、これも先行投資にかなり費用が必要になるため、介護業界のビジネス展開は簡単ではないのです。

そのため、人件費に予算を割くことが後回しになっている現状があると言えます。賞与などは、会社の業績によ大きく左右されてしまうのも頷けますね。

介護職の賞与は間違いなく必要!

介護業界で賞与を出していない企業は、色々な面でかなり苦しい状況になることは間違いありません。

まず、採用が圧倒的に不利になります。介護職の方が敢えて賞与のない企業に応募することは考えにくいですし、採用できたとしても離職のリスクは間違いなく増えてしまうでしょう。

もちろん、お金が全てではないですし、賞与を求めていない介護職の方もいらっしゃるかもしれません。ただ、しかしながら賞与は働く上でのモチベーションになりますし、介護職の方々に気持ちよく働いてい貰るために、最低限賞与は必要であるはずです。

面接で賞与の確認はしていいの!?

確かに聞きづらい質問かもしれませんが、仕事人として賞与は大切な要素です。

面接で賞与について詳しく聞いてしまうことは、印象が悪くなってしまうのではないかと心配していらっしゃる方もいるでしょう。ただ、入社してみて賞与が想像と違った、となるよりも、入社前にしっかりと確認しておいたほうが離職を防ぐこともできます。

慢性的な人手不足の介護業界ですので、賞与について面接で聞いたとしても、合否に影響することはほとんでないでしょう。

ここで賞与について確認しておくべき項目をまとめてみました。下記、ご確認ください。

・支給月
・支給額(基本給×〇ヶ月分)
・基本給について
・自身が入社する月の場合の次回の賞与について

まとめ

いかがだったでしょうか!?

今回は介護業界の賞与について、詳しく解説させて頂きました。

介護企業大手どころの多くは、賞与を支給している現状がありますが、小規模の企業はまだまだ賞与制度を取り入れていないところもあります。

支給額も各企業でバラバラですし、支給月も異なります。介護職として働く上で賞与の優先順位が高い方であれば、転職活動の際などしっかりと賞与について把握することが大切ではないでしょうか!?

是非とも参考にしてみてください。

介護業界で転職を考えいる方、転職するか悩んでいる方は、まずは介護業界大手で全国対応の人材会社「長谷川キャリアサポート」にご相談してみてはいかがでしょうか!?
「スマイルSUPPORT介護」 介護のお仕事紹介

介護業界情報カテゴリの最新記事