団塊世代が後期高齢者となる!2025年問題とは!?

団塊世代が後期高齢者となる!2025年問題とは!?

2025年問題という言葉を一度は聞いたことがある方も多いのではないでしょうか!?

では実際、2025年問題とはどのようなことが起こり得るのか!?これについて詳しく説明できる方は、そんなにいらっしゃらないでしょう。

そこで今回は、2025年問題について詳しく解説していきます。

是非、参考にしてください。

2025年問題とは!?

2025年問題を端的に言えば、団塊世代にあたる方々が、後期高齢者(75歳以上)になることで様々な問題が起こるということです。

※団塊世代について
2025年問題を語るうえで、団塊世代というキーワードは外せません。

団塊世代とは、1947、48年、49年の第1次ベビーブームに生まれた方々、総数800万の人たちのことを指します。

2025年には、後期高齢者が2000万人以上、65歳以上に関しては3600万人以上となり、日本の人口の3分の1程度の方が高齢者となり現状があります。

これは世界的に見てもかなりの高齢化社会であり、異常事態と言えます。更に年々出生数も減っているため、少子高齢化問題にさらに拍車がかかる状態なのです。

では、実際の2025年以降、どのような問題が表面化してくるのか!?詳しく見ていきましょう!

介護職人材の不足

2025年には、介護施設で高齢者のサポートをする介護職員が38万人足りなくなると予想されております。

現在(2016年時点)でも、介護職員の人材は不足しておりますが、2025年には相当数の人材が足りない状況が待っているため、今からその対策は必要です。

未経験者の積極採用、介護ロボットの導入、外国人労働者の受け入れ、など様々な対策が既に始まっておりますが、2025年問題が解決できそうなイメージとはなっていないようです。

「老老介護」と「認知症患者」の増加

高齢者が高齢者を介護することを「老老介護」と言います。この老老介護の家族が年々増えてきており、若者が介護するよりも非常に負担となります。

我が国の特徴の一つですが、平均寿命が80歳を超えていることも原因の一つと言えます。

そして、2025年以降に起こる問題として、「認知症患者」の急増です。2025年には高齢者の5人に1人が認知症であると想定されており、その数は700万人以上とのことです。

これにより認知症患者が認知症患者を介護する「認認介護」の高齢者が増える可能性が考えられます。

老老介護の厳しさを超える認認介護という現実は、今後大きな介護問題となるはずです。

社会保障費の増加

年金・医療・介護等に掛かる費用が、「社会保障費」です。この社会保障費用は年々増加傾向にあり、1年で100兆円を超える費用が掛かっているのです。

更に団塊の世代の方々が、給付を受ける側に回る時がもうそこに迫ってきており、社会保障財政のバランスが大きく崩れてしまう懸念があります。

年金システムが崩壊すると言われているのは、このようなことが起こる可能性があるからです。

これを防ぐには、負担金を増やすか、増税するか、またはどちらも行うか、しかありません。

少子高齢化を防ぐには

2025年問題に立ち向かっていくためには、少子高齢化の波を防いでいくしかありません。

健康寿命を延ばすこと、介護予防をすること、これに尽きます。

介護が必要になるの理由は、「脳卒中・脳梗塞」や「認知症」によるものです。これらを予防することで、介護が必要でない時期を伸ばしていくことが必要なのです。

まとめ

いかがだったでしょうか!?

2025年問題とは何なのか!?が少なからず理解できたのではないでしょうか!?

2025年以降、様々な問題が起こることが分かっている中、何もしない訳にいきません。貴方の身にもこの問題が付きまとう可能性があるのです。

1人1人の小さな意識が集まれば、大きな力へとなるはずです。誰もが出来ることを行うことで、2025年問題を小さなものになればと願うばかりですね。

介護業界情報カテゴリの最新記事